• 01
  • 04
  • 02
  • 03

新着商品肉球1新着商品肉球2新着商品肉球3 新着商品 新着商品肉球4新着商品肉球5新着商品肉球6

肉球sp1 新着商品 肉球sp2

肉球sp1 おすすめ商品 肉球sp2

おすすめ肉球1おすすめ肉球2おすすめ肉球3 おすすめ商品 おすすめ肉球4おすすめ肉球5おすすめ肉球6

肉球sp1 おすすめ商品 肉球sp2

肉球sp1肉球1肉球2肉球3 愛犬と豊かな暮らしを送るにはどんなグッズが必要? 肉球sp2肉球4肉球5肉球6

人間が犬を飼うという習慣は、はるか昔から存在しました。そして文化の発展に伴い、犬たちを取り巻く環境や、犬と人間の関係性なども、時代に合わせて徐々に変化してきたと言われています。そんな現代において、大切な愛犬と楽しく快適に暮らしていくためにはどのようなグッズが必要なのでしょうか。もちろん犬にも人間と同じく個性がありますし、ライフスタイルなどによっても必要なものは違ってくるため、一概に「このグッズが正解だ」と断言することはできません。必要なグッズを導き出すためには、まず、愛犬との生活を具体的にイメージしてみることをおすすめします。イメージが具体的であればあるほど、自然と「自分と愛犬との暮らしには何が必要か」という答えが見えてくるはずです。

例えば、お留守番をさせることが多い犬と、そうでない犬とでは、必要なグッズが大きく異なることが多いようです。お留守番中のごはんやお水を置いておく場合、ただお皿に入れればよいとは限りません。特にお迎えしてすぐの子犬の場合、置き方によってはお皿をひっくり返してしまうことだって考えられます。ひっくり返してしまっても、人間がそばにいる場合は新たに水を入れなおすなどの対応ができますが、お留守番中の場合はそうはいきません。最初からひっくり返しにくい器を選んだり、いくつか器を置いておくことで1つひっくり返しても大丈夫だという状態にしたりといった準備が必要となるかもしれません。

また最近の犬のグッズは色や形などの種類もバリエーション豊かですから、愛犬に必要そうなグッズをある程度絞り込んだあとの選択は、ご自身の好みに合わせることも可能となってくるはずです。室内飼いが基本となるのであれば、ご自宅のインテリアのテイストに合わせたグッズを選ぶことで、より上質な暮らしを演出できるでしょう。当サイト・スマイヌでは、デザイン面や機能面などにこだわったクオリティーの高い犬用グッズをセレクトし、豊富に取り揃えております。また、ただ単に商品を販売するだけにとどまらず、Facebookなどの各種SNSにて商品の情報や、現代のペットに関する様々な情報の発信も行っております。愛犬家の皆様の素敵なライフスタイル作りを、少しでもお手伝いできれば幸いです。

肉球sp3肉球7肉球8肉球9 愛犬に喜んでもらえるおもちゃの選び方 肉球sp4肉球10肉球11肉球12

犬を飼うと色んなおもちゃを与えたくなるもの。犬が家族になることで嬉しい時も悲しい時も共にいてくれる存在が出来ます。そんなかけがえのない家族となった犬とよりよい関係性を築くのに便利なもののひとつに「犬のおもちゃ」があります。犬はおもちゃを与えてもらって人と遊んでもらうことによって、運動不足の解消ができるようになったり、人と犬の間によりよい関係を築くことができるようになると言われています。また、犬がおもちゃを噛むことで歯のケアにもつながる可能性がありますし、知育にも役立つと言われています。おもちゃによって犬のエネルギーを発散させることで、ストレス発散にもなるそうです。

犬のおもちゃと言っても種類はさまざま。しかも、犬の性格や見た目もそれぞれ異なります。つまり、犬の好みはその犬によって異なるということも言えるわけです。一体自分たちが飼っている犬はどんなおもちゃを与えると喜んでくれるのかを考え、その犬が大好きなおもちゃを見つけてあげることが、おもちゃ選びをする上で大変重要になってきます。まずは手始めに色々な素材や種類のおもちゃを購入してあげてみるのがベター。例えば、「音のなるゴム製の人形」や、「骨の形をしたおもちゃ」など。最近ではボールに穴をあけて転がるとその穴から餌が出てくる犬用のボールも販売されているようです。

犬はもともと狩猟を生活スタイルにしていた動物でもあります。そのため、動くものには本能的に興味を示すと言われています。ただ目の前でおもちゃをちらつかせてもあまり効果はありません。ちゃんと犬が「獲物だ」と認識できるように、人もおもちゃを扱う時には生きているような振る舞いをしてあげることもポイントのひとつだと思います。こうしておもちゃを獲物に見立てて獲物を狩るように遊びに誘ってみると犬も遊びやすい可能性があります。ただしここで注意していただきたいのが、犬だけでおもちゃと遊ばせることです。犬だけでも遊べるのですが、おもちゃを噛んだり転がしたりするうちにおもちゃを誤って飲み込んでしまうこともあるのです。また、おもちゃを噛み壊してそのパーツを誤飲してしまうことにもなりかねません。なので、犬のおもちゃで遊ぶときは必ず人と一緒に遊ぶようにするように心がけましょう。でも、どうしても手が離せなくて犬に1人で遊んでほしいと思う時もあるでしょう。そんな時に役に立つのが「知育おもちゃ」です。犬用の知育おもちゃは犬が噛み壊せないようなもので出来ているうえに、中にはおやつがつめられるので、ぜひ検討してみてください。

ピックアップ

  • オシャレにやさしく老犬介護を
  • 犬用グッズのスマイヌコラム

スマイヌ関連情報

  • 送料無料
  • スマイヌカタログ
  • スマイヌで商品販売をしたい

スマイヌのSNSで楽しくつながりませんか?

Facebookもチェック

新着情報